小説

キャラクター

キャラクター作成に設定表を使う際 押さえておきたいポイントと注意点

キャラクターを作るときに、設定表を用いるのはとても便利です。しかし、その使い方を間違えてしまうと、魅力的なキャラを作れないばかりか、時間の無駄遣いにもなりかねません。そこで、今回は、設定表を用いる際に注意する点をご紹介しています。
小説のネタ

小説に必要なネタ帳の書き方|アイデアに困らないためにやりたいこと

小説のネタに困ったりすることはないですか? 本記事では、そんな「ネタに困らない」ためのネタ帳作りについて書いています。ネタに困らないためには、①何をあつめるか②集めたものをどう料理するか、にかかっています。そんな、ネタ帳についての記事になります。
読書

再読のススメ 本を読んだら終わりじゃもったいない 再読のメリット

こちらの記事は「再読のススメ」となっています。読書を一度で終わらせるのはもったいない。再読にはたくさんのメリットが詰まっています。「でも、二度三度、読み返すのは面倒」という方向けに、簡単に再読できる方法をご紹介しています。
読書

読書をする意味はあるの? よりも読書をした意味を考えた方がいい話

本記事では読書をする意味があるのかについて考えています。「読書は大事だといわれるけど、本当に意味があるの?」 読書をする意味はあります。しかし、大抵の人は読書を”した”意味を考えた方が、読書を有意義なものにすると考えています。
読書

本を読むのが遅いのは、悪いことか? 悩まなくていいこれだけの理由

この記事は、読書をすることが遅いことに悩んでいる人に向けて書かれています。速読が流行っているように、読書が遅いことが「悪」のようになっている世の中があります。でも、ボクは速さを求めるだけの読書はやめた方が良いと思っています。この理由を記事内で述べています。
キャラクター

小説ではキャラクターを作るのが難しい?その理由と対策をご紹介

小説を書いているんだけど、魅力的なキャラが作れない。キャラがみんな同じように見える。キャラが立たない。そう感じる方に読んでほしい記事です。小説でのキャラ作りは難しい。でも何故難しいのかを理解しないとその先には進めません。
読書

読書の質はアウトプットで決まる 簡単で有用なアウトプット法

本記事では、読書後に簡単にできるアウトプット法をご紹介しています。「ああ、面白かった」読書を終えて、これしか言えない自分にガッカリしたことはないでしょうか? こうなってしまうのは、アウトプットが足りていない証拠。読書の質は読書後のアウトプットが命なのです。
小説のネタ

「やったつもり」から抜け出し、成果を出すための手帳術

「あれ? 今日何したっけ?」という一日から抜け出し、成果を出すための手帳術をご紹介しています。この手帳術を使うことで、あなたにとって「重要なタスク」を優先的にこなせるようになり、人生をより実りのあるものに変えてくれるでしょう。
小説のネタ

アイデアを出すための道具、使いこなしていますか?

アイデアを出すために、どれだけの道具を使いこなせているだろうか? 本記事では、道具を使うだけでなく”使いこなす”ことについての記事である。道具を使いこなし、自分のうちに眠るアイデアを現実世界へと取り出す。その作業の手助けとして役立てていただきたい。
タイトルとURLをコピーしました